看護師転職、短いキャリア・短期退職についてのお話

この記事は2分で読めます

talk_thum18

入社してみたら、とても耐えられる環境ではなかった。お給料の条件など事前に聞いていたのと違う条件だった。。。入職されてから分かる事って多いですよね。そこで皆さん悩まれる事は、すぐに辞めて次の転職先を探すのか、それとも我慢して続けるのか。どうするべきか悩まれた時の判断のポイント。


この手のご相談をいただく事は結構多いです。

短いキャリア、経歴を作ってしまう事はリスクがある。

でも、続けられないのであれば、動くなら早めが良い。

後悔のない判断をしていただくために、今までご相談いただいた方々の判断ポイントをお話させていただきます。

*—————————————————*


考えるべきポイントは大きく分けて2つあります。

一つは【職場の条件】、もう一つは【次の転職先】です。


【職場の条件】

今の職場へ転職を決めた、一番の理由を考えてみてください。

もしそれが入社後に覆されたなら、短期退職も仕方ないかもしれません。

と同時に妥協点も考えてみてください。

短期退職を考えた理由の主な理由が下記になります。

・お給料や勤務時間が事前に伝えられていたものと違う。

・仕事が思っていたより大変。

・希望してた配属先とは違うところに配属されて。

収入面は生活を見直せば、何とかなるのか。

希望の配属先には、この先配属になる可能性はあるのか。

収入面や勤務時間などに関しては、生活との兼ね合いがあるのでなかなか難しいところもあるかと思いますが、配属先に関しましては以外と視野が広がる事が多い様です。

当初の配属希望とは違かったとしても新たなやりがいが見つかる事は、それはそれで良いご縁なのかもしれませんね。


【次の転職先】

やはり生活があるので、次の転職先をスムーズに見つける事が重要になります。

そこで今一度、ご自身の希望条件を考えなおしてみてください。

ご希望されている給料は、地域相場にあっているのか。

業種なのか、勤務時間なのか、通勤時間なのか。

もしかしたら、どこかの希望条件を妥協しなくてはならないのかもしれません。

そうしたときに、もしかしたら現職を続けることも一つなのかもしれません。

次の職場を探すときに一番気になる所は、短期退職の理由を面接時にどの様に伝えるか、履歴書にどの様に記載するか、ですね。

試用期間中であれば、履歴書に書かなくても大丈夫なケースもあるとかないとか。

*—————————————————*

短いキャリアを作りたくない。でも、入ってみて分かったことが、、、

短期退職したほうが良いのか、我慢したほうが良いのか。

もしお悩みのときは是非、私どものようなコンサルタントに相談されてみてください。

求人のお探しはもちろん、短期退職についての面接対策などもバッチリフォローする事も可能です!!

誰にも相談せず、後悔するのは辞めましょう!

*———————————-*

【ネット検索】ナースJJ 桐生

※ご相談・お話しいただける方は

 LINEトークルームにて

 お気軽にお声掛けください。

関連記事

  1. talk_tw1-big
  2. talk_30
  3. talk_16
  4. talk_21
  5. talk_thum20
  6. talk_7
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Top