「看護師、、、辞めたい」その前に押さえておくべき3つのポイント

この記事は3分で読めます

talk_thum16

もう、やめたい、、、、看護師として働いている方なら誰でも一度は思う事ではないでしょうか。命を預かる医療という現場。夜勤など不規則なシフト。精神的にも体力的にも過酷な現場で働いている看護師さんへ。後悔しないためのアドバイス。


普段、沢山の方からご相談をいただく中で、一度看護師を辞めた方が看護師復帰を考えている方はとても多いです。

一度、看護師を辞めた方といっても、理由は様々です。

別の職種についた方、出産子育てなどを理由に離れていた方、、、などなど。

前回のコラムでもお話しました「潜在看護師」の方からのご相談が多い中で、一度は看護師を辞めた(看護師資格を使わない、別の仕事をされた方)からのご相談体験より、辞める前に考え直してほしい3つのポイントをお伝えさせていただきます。


ポイント1・「看護師として働く事」が嫌なのか、「今の職場」が嫌なのか。

ポイント2・辞めたあとの自分の生活を考える。

ポイント3・看護学生だった自分を振り返ってみる。


*—————————————-*

 

【ポイント1・「看護師として働く事」が嫌なのか、「今の職場」が嫌なのか。】

看護師を辞めたいと思ったときの理由の多くは、人間関係、仕事が激務、の2つをあげる方が多いでしょう。

他にやりたい事が見つかったのなら良いですが、「看護師に向いていない」と感じてしまって辞めたいと思う方が大半かと思います。

仕事で辛い事がある。

気持ちを切り替えても次の日に同じ様に辛い事がある。

頑張ろうとしても、また挫ける。その繰り返しから「看護師に向いていない」と思いがちです。

ですが、果たして本当にそうでしょうか。

・いつも仕事で注意をされる。

・業務が忙しすぎて、仕事が終わらない。

・残業が多すぎて、心にゆとりがもてない。

・理想の看護師像とギャップがある。

イコール「看護師に向いてない」ではありません。

注意をしてくる先輩は適格な注意をしてくれてますか。

業務が忙しいのは物理的に無理な業務を押し付けられてませんか。

今居る病院では、やりたい看護が出来てますか。

今一度、考えなおして見てください。

もしかしたら、人間関係や業務内容に問題があるのかもしれません。

辛い事があると、誰しも逃げ腰になってしまうものです。

環境改善で変わることは沢山あります。

今貴方が悩まれておりましたら、それは職場が変わることで改善されるかもしれません。

 

【ポイント2・辞めたあとの自分の生活を考える。】

晴れて看護師を辞めて、違う道に進む事にしました。

そうしたら、何がしたいですか。

とりあえず、生活の為に働かなくてはいけません。

一般職の事務、飲食店や販売職での接客業、、、、などなど

正社員でバリバリのキャリアウーマンか、アルバイトで自由気ままにいこうか。

多かれ少なかれ、どんな仕事にも楽しいことや辛い事がある。

ただ一つだけ言えることは、ほかの業種のほとんどは、看護師のお給料よりも大幅にダウンします。

自身の生活レベルも考え直さなくてはいけないです。

今一度、辞めたあとの自分の生活を想像してみてください。

・辞めたあと何がしたいですか。

・収入と生活のバランスはいかがですか。

他にやりたい事が見つかりましたら、その道に進み新しい夢に向かって頑張るのもいいですよね。

 

【ポイント3・看護学生だった自分を振り返ってみる。】

もし今「看護師に向いてない」と感じている人が居ましたら、看護学生だった頃を思い出してみてください。

特に実習が始まってからはどうでしたか。

決して楽ではなかったはずです。

看護学生からのご相談もよく頂きますが、看護師になる前に挫折する方も多いです。

一度は別の道を目指したが、就職の厳しさなど目の当たりにして、また看護師免許取得を目指している方もいたりします。

もう既に辛かった時期を乗り越えてきた時点で「向いてない」訳がありません。

自身を持ってください。

そして、そのときどんな看護師像を想像していたか思い出してみてください。

今の職場では、なりたかった看護師になれてないだけかもしれません。

・学生の時の辛かった時を思い出してみる。

・思い描いていた看護師像を思い出してみる。

思い描いていた看護師像も、職場が変わることで近づけることもあります。

*—————————————-*

いかがでしょうか。

もし、今悩まれている方が居りましたら、今一度この3つのポイントを考え直して見てください。

ほかの職種を経験する事で、見えてくる事もあります。

結局のところ「やっぱり看護師!」を選ぶ方が多いのです。

一度看護師から離れていても、やり直せるのが「看護師」です。

辞めたからと言って後悔することはありません。

看護師以外の経験をする事で、看護師に自身を持って戻ってきた方も居ます。

ですが、「やっぱり看護師!」なら「看護師一筋!!」で行きたいですね。


悩まれている方がおりましたら、私の様なコンサルタントでも、友人でも家族でも、誰かに相談してみてください

誰にも相談せず、後悔するのは辞めましょう!

*———————————-*

【ネット検索】ナースJJ 桐生

※ご相談・お話しいただける方は

 LINEトークルームにて

 お気軽にお声掛けください。

関連記事

  1. talk_thum_11
  2. talk_40
  3. talk_35
  4. talk_17
  5. talk_18
  6. talk_thum23
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Top