面接でどう伝える?看護師の転職理由~本音と建前~

この記事は2分で読めます

talk_tw2-big

面接でどう伝える?看護師のよくある転職理由3パターン

転職活動の面接で、必ず聞かれる「転職理由(退職理由)」
人間関係や労働条件・待遇への不満、はたまた結婚や出産の為、スキルアップの為…などなど、理由は様々です。

よくある転職理由を大きく分けると、以下の3つのパターンに分類できます。
パターン1:環境の変化による転職
パターン2:ポジティブな理由による転職
パターン3:ネガティブな理由による転職

あまりポジティブな理由でない場合、「面接でどう伝えるか」非常に悩むところですよね。
今回はそれぞれのパターンについて、面接官に良い印象を与えるための伝え方のポイントをお話させていただきます。

看護師のよくある転職理由① 環境の変化による転職

・結婚、出産による転職
・Uターン、Iターン、引越し(転勤など)による転職
・子育てがひと段落した為の転職


以上の様な理由が主な理由になってくるでしょうか。
このパターンは、仕方ない理由ととらえて頂けるケースでしょう。

そのままお伝えいただくのがベストかと思いますが、ポイントとしては「また、同じ理由で退職してしまわないか」と思われないようにお伝えする事です。
特に、結婚・出産や引越しによる転職の場合は、いつどうなるか誰にも分からない事です。
重要なのは「気持ち」をお伝えする事です。

看護師のよくある転職理由② ポジティブな理由による転職

・スキルアップ・キャリアアップしたい

看護師としてスキルアップ・キャリアアップをお考えになる看護師さんはとても多くいらっしゃいます。
前向きな転職理由ですので、採用する側からも喜ばれる転職となるケースがほとんどです。
スキルアップ・キャリアアップを希望する場合は将来なりたい看護師像をイメージして、それをお伝えする事がポイントとなります。

看護師のよくある転職理由③ ネガティブな理由による転職

・人間関係に溶け込めず
・業務に追いつけなくて大変
・今の待遇に満足できない
・通勤が疲れた

実際のところ、一番多い転職理由は「現職への不満」です。
こここそ本音と建前の使い分け所です。

環境や人間関係の不満、それだけを伝えてしまうのはNGです。
伝える時には、慎重に言葉を選んで伝えることが必要になります。

ポイントは「ただ悪口にならない事」「その職場での反省点」「反省から次の目標」を伝える事です。
ネガティブな理由からでも、ポジティブに切り替える事で面接官に良い印象を与えることは可能です。

やはり「良い人材である」と感じていただけた場合は、評価も高くなり、雇用条件についてのお願いがしやすくなる上、年収アップも期待できます。

一人で悩まずプロに相談!

簡単にポイントだけお伝えさせていただきましたが、転職には様々なケースがある為、悩んでしまいますよね。
「私の場合は何て伝えたら良いんだろう。」
「相手はどんな人物を期待しているんだろう。」
などなど…

そんな時は、私どものようなコンサルタントに相談してみてください。
多くの人事担当者の方とお話してきた我々だからこそ、ばっちりアドバイス・フォローする事が可能です!!
誰にも相談せず、後悔するのはやめましょう!

【完全無料】看護師の転職を応援するサイト ナースJJ

関連記事

  1. talk_42
  2. talk_8
  3. talk_18
  4. talk_34
  5. talk_38
  6. talk_thum4

    2015 12.29

    年末のご挨拶

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Top