ママ看護師さんの体験談「子供を育てながら夜勤をするハードなママ看護師」

この記事は2分で読めます

talk_31

しゃべくる看護では、看護師さんの本音や体験談のコラムを募集しています。
今回、匿名希望の看護師さんより投稿をいただきました。

育休後に復帰し、子育てと仕事の両立に奮闘するママ看護師さんの体験談です。

——————————

(原文のまま掲載)

子供を育てながら夜勤をするハードなママ看護師
匿名希望

私の病院では育休一年制度があり、出産してから子供が1才になるまで今まで働いていた基本給の1/2程度育児手当として頂いて、だんなの給料と合わせると、経済的には充分子育てできるお金を頂いていました。
しかし私には独身時代から10年以上ナースとして夜勤もバリバリこなしていた経験もあり、なおかつ、家で子供と2人だけの育児にイライラがあったり、早く仕事に復帰したい気持ちがありました。
子供と1対1で接する事は社会から疎外され、1人で子を育ててる孤独感を感じていました。
ですからこのままでは自分自身、精神的に限界でもあり、社会にまた戻ってまたバリバリ働きたいと思い、24時間保育も完備してる病院だったので11ヶ月に成長した時に預ける事に決心しました。

復帰してすぐに総看より、夜勤要員が足りない病棟がある、1ヶ月でいいので、夜勤をして下さいと要求されたので子は24時間保育に預け、私は育休明けすぐに夜勤をやることにしました。
妊婦の時と復帰した病棟は違いましたが、どちらも急性期でやりがいのある仕事でした。特に復帰後は心臓血管外科で、心カテの検査は毎日のように行われているし、心臓のOPをした人がICUが出られる時にくるのが循環器外科でした。
その他にも脳外科の急性期やQQ車で運ばれた人がすぐに入院するのがこの病棟であったりと、色々な分野で知識がないと看護できない状態でしたし、とにかく私にとってやりがいのある仕事です。

24時間保育といっても日勤の後はすぐに迎えに行かなくちゃならないし、日勤がおわらない時は21’~0’過ぎてから迎えに行くこともしばしばありました。
そーゆー時は子にあやまって「帰りたいのにお迎え一番おそくなってごめんね。」と言うと、子は、「お母さん仕事だからしょうがないんでしょ。」と私をかばってくれる事も言ってくれ、子供は母の背中をみて育っているのだなー、と感心させられました。

自分の子に嫌な思いもさせているだろうに、それを子はグチとして言わない、いい子に育ってくれて、ほんとによかったなー。と思います。だから土、日など、父と母が休みの日には色々な所につれていったり、遠方の祖父祖母の元へ行って、思いっきり甘やかせてあげようと思います。
子供なりにたくさん思うところはあると思うのに、それをほとんど外に言ってこない我が子はとってもがまんしてくれて、とっても優しい子に育っているのかなー、とさえ感じます。
仕事で忙しい合間にでも子と遊べる時間をつくり、少しでもさみしい思いをさせないよう時間を作ってあげて、家族でゲームなどをし親子の“きずな”が少しでも団結できるよう、子供、仕事、プライベート、一緒にいる時間が宝物となるようがんばっていきたいと思います!!

(原文のまま掲載)

——————————

関連記事

  1. depressionTop
  2. talk_23
  3. talk_14
  4. talk_33
  5. talk_13
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Top